本当に結婚ってした方がいいの?

gatag-00000801

結婚というのは本当にしたほうがいいのか、このまましないほうがいいのか、誰もが独身のときに一度は悩むことです。

結論かて言ってしまえば、結婚は、良い縁に恵まれれば、独身より幸せな人生が待っています。
しかし、悪い縁と出会ってしまえば、独身のほうがマシだと思うような人生になってしまいます。

独身は自由気ままですが、世間と比較して引け目を感じてしまうことがあります。
年を重ねていけばいくほど、年々その思いは強くなっていきます。
孤独に強い人や、世間体を気にしない屈強な精神の持ち主であれば、独身は向いているかもしれません。
自分の為に生きればよいため、人生に点数をつけるとしたら、50点ほどの人生にはなることはできますが、生涯独身では最高の幸せを得ることは難しいです。

結婚の相手選びは重要

結婚の相手選びは、その後の長い人生にとってとても重要になってきます。

■男性の場合■
男性であれば、一般的に家事をきちんとこなすことができて、性格も合う女性と結婚するのがよいでしょう。
妥協して結婚するのは、後々良い生活はまっておらず、独身以下の生活になってしまう可能性が大きいです。

■女性の場合■
女性であれば、たくさん愛してくれる抱擁力のある男性で、かつ収入の高い男性を選ぶとよいでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

d3968f2fad6d87785fad407d8b2bf138-300x225

30代女性の厳しい婚活事情